蛇口の修理は水道業者に頼まなくても自分でできる?

現在、水道の蛇口は種類がたくさんあります。まず単水栓と混合栓の二種類があり、単水栓は水を出したり止めたりするだけのシンプルな構造で、混合栓はお湯と水の量を調節できて単水栓より少し複雑なつくりになっています。混合栓にはハンドルが二つあって温度と流量を調節するタイプやレバー型ハンドルで調節するタイプ、さらには自動温度調節機能がついているタイプもあります。また取り付け方にも種類があり、壁付きや台付きなど様々あります。蛇口 交換にあたってはそれぞれの構造や取り付け方によって違いますので、特徴を簡単に捉えておくとよいでしょう。

■自分でできる蛇口交換の方法

蛇口の交換修理にあたっては、新しい蛇口だけではなく水漏れを防ぐためのシールテープも必要になります。工具はスパナがあれば十分で、そのほかに汚れを落とすための歯ブラシや雑巾があるとなお良いです。手順としては、最初に水道の止水栓を閉めて水が噴き出すのを防ぎます。次に、必要ならスパナを使って反時計回りに回しながら蛇口を取り外します。外したら歯ブラシなどでサビや汚れを取り除き、今度は時計回りで蛇口を手で取り付け、そのあとスパナで十分に締めます。最後に止水栓を開けて蛇口をひねり、水が出るかだけではなく水漏れがないかの確認をして終了です。作業の流れを把握しておくと、いざというときに慌てずに済みますので覚えておいて損はありません。

■やっぱりプロが一番?交換時の注意

蛇口の多くは組み立てられている状態で購入可能です。自分で比較的容易に交換できるとはいえ、複雑な構造だと水道修理業者にお願いするのが間違いありません。たとえば壁付きタイプは壁と本体との接続部分の取り扱いが難しく、修理するはずが逆に破損を招いてかえって厄介な事態に陥ってしまうことも考えられます。台付きでも同様に、接続の仕方がわからなくなって中途半端に投げ出すというパターンが想定されます。まずは修理したい箇所の構造をしっかりと理解したうえで、自力で直せるかどうかの判断をするのが望ましいです。また、同じ備品が手に入らないからといって類似品で間に合わせようとするのは、水漏れにつながるおそれがあり危険です。購入する際には型番などのチェックを万全にし、見つからないなら業者に連絡しましょう。

■まとめ
蛇口 交換は、自分でできるものとそうでないものがあります。DIYが得意だから大丈夫だとたかを括らず、冷静に状況を分析して最善の方法を選択しましょう。最優先すべきは修理代を抑えることではなく快適な生活を送ることなのを忘れず、できないものはできないと割り切って頼れるところはお任せしてしまうのが得策です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ