水漏れはまず原因を探る!水道修理を依頼する前にできること

水漏れは家庭内の様々なところから発生し、原因も箇所によってもちろん違います。トイレなら便器を筆頭にパイプやタンク内、手洗い管など多岐に渡り、しかも原因は重複しているケースもあります。お風呂は蛇口やシャワーホースといった分かりやすいところだけではなく、配管などのような普段の生活からはわからない箇所も原因になります。洗面台は水を溜めても漏れてしまったり、排水管 水漏れのケースもあります。意外に多いのが洗濯機で、洗濯機の下や排水パンから水が溢れてから気付くこともあり、後片付けが大変です。台所も同様に、床下やシンクの水漏れを見落としていると水浸しになるおそれがあります。いずれの場所も、大事に至る前に適切な処置を施すのが必須です。

■どこから水漏れしているのかを特定

水漏れで困ることはたくさんありますが、そのなかのひとつが水道料金の高騰です。逆に言えば見えないところの水漏れを発見するきっかけにもなりますので、毎月チェックしておきましょう。料金に不審な点があった場合には、水道メーターでの確認が可能です。水道を使っていなくても、メーターが回っていればどこかから水が漏れていることがわかります。どこから漏れているのかを特定するには、特定の止水栓を一つだけ閉めて水を止めてメーターが動いているかどうかを確認し、動いていたら今度は別の止水栓を閉めるという手順を繰り返すと、メーターが止まったところに原因があることを突き止められます。すべての止水栓を締めてもメーターが止まらなかった場合は、自分では調査できないような場所で漏れている可能性が高いため、業者へ調査を依頼しましょう。

■こんなときは業者に依頼を

蛇口からポタポタ落ちるくらいの水漏れや詰まりが原因の多少の逆流なら、ある程度自分で修理することも可能です。しかしなかには、水道修理業者の工事が必要となる規模のものもあります。特に天井や床ににじみ出てしまっているならば、急いで対処しないと大きな損害となります。その場合の原因としては雨漏りや上階からの水漏れ、または水道管の破裂などが挙げられます。特に水道管の破裂は、勢いがあるとあっという間に被害が拡大してしまいます。大きな水漏れに気がついたら迷わず、すぐに業者を呼びましょう。





■まとめ
水漏れの原因は、わかりやすいものもあれば目の届かないところの場合もあります。規模に応じて、自分で原因を突き止めるか急いで業者に連絡するかを判断しましょう。自力で対処する自信がないのであれば最初から業者に依頼するのが最も確実ですが、その際は中途半端に手を出さずに現状維持のままで来てもらうのが賢明です。急なトラブルとはいえ慌てず落ち着いて、状況を正確に伝えるよう努めましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ