台所の水道トラブルはあらゆる場所から!自力で修理は可能?

水道のトラブルが最も起こりやすい場所として挙げられるのが台所で、その原因は蛇口やシンク、そして排水関連の大きく三つに分けられます。蛇口は複数のパーツを組み合わせて構成されていて、劣化などから水漏れを招きやすい場所です。シンクは、それ自体に穴が開いていたりキッチンの天板や壁との間に隙間ができていたりすると水が漏れてきます。排水管 水漏れについては、排水口をはじめ排水管や排水溝などさらに細かい原因が考えられます。いずれにしても、なるべく原因を早く突き止めて何らかの措置をすることが肝心です。

■シンク下の水漏れには要注意!早期発見と迅速な対処を

特に気をつけなければならないのがシンク下の水漏れで、発生するとそれをきっかけに新たな問題を引き起こすことがあります。シンク下の多くは収納スペースになっていますが、水漏れによってその内部の湿気が上昇し、敷物の下や収納物にカビが発生していつの間にかカビ臭くなってしまうケースがあります。カビや腐食を放置していると取り替える必要が出てきて、システムキッチンともなるとかなりの費用がかかります。もちろん、水漏れの放置によって水道料金がはね上がるのは言うまでもありません。水漏れが階下まで及んでしまうとさらに大がかりな工事になり、集合住宅では修繕費など賠償問題にまで発展してしまいます。少しでも異変を感じたら決してそのままにせず、どのような状態になっているのかすぐに確認しましょう。

■できそうなら自分で修理してみる

台所での水道トラブルは、自力で修理可能な場合がいくつかあります。原因がパッキンをはじめとするパーツの劣化ならば、ホームセンターなどで必要なものを購入して交換すれば直ります。特に劣化しやすいパッキンは、蛇口や排水口など様々な個所に使用されています。交換しなくても緩んでいる程度の場合もありますので、まずは状況をしっかり見極めましょう。パッキン以外でも、排水管や蛇腹ホースに穴が開いているときは交換で済む場合があります。詰まりが原因であればパイプクリーナーを使ってみましょう。これらの対処を自分でするのが不安であったり、やってみても改善されなかったという場合には、速やかに水道修理業者に来てもらってください。

■まとめ
部品交換程度の修理なら自分でできるものの、大量の水漏れなど素人では手に負えないと思ったら業者に依頼するのが確実です。トラブルに気がついたらまずは水を止め、漏れてしまっていたら急いでふき取ってから原因を探り、すべてが終わるまでは使用を控えてください。無理に自分で直そうとせず、被害を最小限に食い止めるという意識を常に持ったうえで行動しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ